最新

2021年度(令3)横浜市里親制度説明会

里親になって社会的養護を必要とする子どもの役に立ちたいとお考えの方に、
里親制度の概要説明や実際に里親活動をされている方の体験談をお話しする機会です。
里親になりたい方のご参加をお待ちしております。

詳しくはこちらから ↓

http://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/oyakokenko/satooya/seidosetumeikai.html


政府広報 里親制度・特別養子縁組制度について

公開日:令和3年(2021年)2月10日

政府広報の広報事業「チームNEXTステップ」で実施したオンラインシンポジウムで上映された映像です。日本には虐待などの様々な理由から、親のもとで暮らすことができない子どもが約4万5千人います。その中には、あたたかい家庭を必要としている子どもが多くおり、子どもたちを家庭に迎え入れて、健やかな育ちと安心感をもたらすことが出来る制度として、里親制度と特別養子縁組制度があります。里親制度は、家族と離れて暮らす子どもを自分の家庭に迎え入れ、様々なサポートを受けながら原則として一定期間、養育する制度です。特別養子縁組制度は、実親との法的な親子関係を解消し、養親と新たな親子関係を結ぶ制度です。令和2年4月に法律が改正され、養子となる子どもの年齢の上限を原則6歳未満から原則15歳未満に引き上げるなど、より広く、活用されやすい制度になりました。里親・特別養子縁組などの制度について理解が広まることが必要です。

政府インターネットTV https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg22137.html


令和2年度 よこはまポートファミリー啓発講演会

令和2年度 よこはまポートファミリー啓発講演会

 ~聞いてみませんか?里親家庭で暮らす子どものこと~

キャッピー

里親制度は、様々な事情で家族と暮らせない子どもを家庭に迎え入れ、家族の一員として養育する「子どものための制度」です。
里親家庭では、「里親」「里子(里親に養育される子ども)」「実子(里親自身の子ども)」がともに生活しています。

なぜ今、里親が求められているのでしょうか。
また、里親になると、今までの生活からどのように変わるのでしょうか。
講師や里親経験者の方から、日々感じていることを話していただきます。
里親家庭や施設で暮らす子どもたちのこと、里親活動のことを、一緒に考えてみませんか?

※「よこはまポートファミリー」は、横浜市の「養育里親」の愛称です。

詳細スケジュールはこちら ↓

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/oyakokenko/satooya/satooyakouen.html


令和2年度横浜市里親制度説明会

令和2年度横浜市⾥親制度説明会
里親制度は、様々な事情で生みの親と一緒に暮らせない
子どもを、ご家庭で育てていただく制度です。みなさまの
ご参加を心よりお待ちしております

スケジュールはコチラ ↓

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/oyakokenko/satooya/seidosetumeikai.files/0004_20200311.pdf


児童福祉法が一部改正されます。

6/26付で、
児童虐待防止対策の強化を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律の公布について
厚生労働省から通知がありました。

詳細はコチラから ↓

【通知】児童虐待防止対策の強化を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律の公布について[1]

新旧対照表[1]


2019(令和元年)年横浜市里親制度説明会

⾥親制度を広く知っていただくために横浜市
在住の⽅を対象とした説明会を開催いたします

詳しくは、横浜市HPを御覧ください。

http://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kosodate-kyoiku/oyakokenko/satooya/seidosetumeikai.files/0003_20190327.pdf


2020年4月から高等教育が無償化されます!

高等教育無償化の制度の具体化に向けた方針について
子ども家庭福祉行政の推進について、平素より格段の御協力、御尽力を賜り厚く御礼申
し上げます。
今般、政府の「幼児教育・高等教育無償化の制度の具体化に向けた関係閣僚会合」(平成
30 年12 月28 日)において、「高等教育無償化の制度の具体化に向けた方針」が決定さ
れ、別添「高等教育無償化の制度の具体化に向けた方針について(通知)」(平成31 年1 月
11 日文部科学省総合教育政策局長・初等中等教育局長・高等教育局長連名通知)により、
文部科学省から各都道府県知事等宛てに通知されているところです。

詳細はコチラ ↓

(事務連絡)高等教育無償化の制度の具体化に向けた方針について


横浜市子育て新制度 フォーラムのご案内

横浜市子ども・子育て支援フォーラム

「パパが子育てを楽しむコツ!」を開催します
~父親が変われば、家庭が変わる、地域が変わる~

 横浜市では、「子ども、みんなが主役!よこはま わくわくプラン」(横浜市子ども・子育て支援事業計画)を推進するため、地域で子ども・青少年を育てるという本プランの理念に基づき、フォーラムを開催し、子ども・子育てを支える機運の醸成を図っています。
今回のフォーラムでは、「パパの子育て」をテーマに、男性の育児参加や夫婦のパートナーシップ、地域活動への参画の意義を学び、地域で子ども・青少年を育てるために自身でできることについて、市民の皆さまとともに考える機会とします。

 

開催概要

1 日時

平成31年3月3日(日)10時30分~12時30分(開場:10時)

 

2 会場

TKPガーデンシティPREMIUMみなとみらい ホールC

(みなとみらい線「みなとみらい駅」4出口 徒歩1分)

(住所:横浜市西区みなとみらい3丁目6番3 MMパークビル5F)

詳細・お申込みはコチラから ↓

横浜市子ども・子育て新制度


tvk(テレビ神奈川) ニュースLink で里親特集放送されます。

11月8日(木) 21時30分~ 里親制度について
11月9日(金) 21時30分~ 里親家庭
tvk(テレビ神奈川) ニュースLink


最新ニュース

「里親家庭知って」横浜で啓発イベント

10/13(土) 18:33配信 tvk(テレビ神奈川)ニュース

何らかの理由で生みの親と暮らせない子どもたちを受け入れる「里親家庭」について知ってもらおうと、横浜市内で里親や里子自身が思いを語る講演会が開かれました。
横浜市によりますと虐待や親の病気などを背景に生みの親と生活できず社会的な養護が必要な子どもは、市内におよそ750人いてそのうち8割以上が施設で暮らしています。
国は施設ではなく里親などと「家庭」で生活する子どもを大幅に増やしたい考えですが、里親制度について知らない人も多いのが現状です。
イベントでは里親とその子どもそして里子がそれぞれの立場から思いを語り、里親家庭の必要性を訴えました。
5歳女児の里親
「子どもが家に来てからは楽しいことがたくさんあります。自分自身も成長できるし喜びもたくさんある。里親になることを考えてほしい」
里子として暮らす女性
「家庭というものを里親家庭しか知らないので、普通の家族として接してくれたことが本当にありがたいと思う」
横浜市は今月下旬にも普及イベントを行う予定です。

映像はコチラ ↓

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00010000-tvkv-l14


こどもみらい横浜のメールアドレスが変わりました。

office@kodomo-mirai-yokohama.org


会員専用ページが新しくなりました。URLは事務局へお問い合わせください。